便利なツール

小規模・零細企業向け 無料の税務申告ソフト「フリーウェイ税務」

投稿日:

みなさん こんにちは

法人の決算は、決算月が終了してから2か月以内に税務申告をしなければなりません。
しかし、起業間もない会社や、小規模・零細企業などは税理士の先生にお願いすることもできず(結構高いですからね。。。)税務申告ソフトを使用してご自分で申告している方もいらっしゃると思います。

これから起業される方の中で、もし「税理士先生にお願いしなければならない」思い込んでいる方がいらっしゃったら、そんなことは無く自分でもできます。
私が経営する会社も、ずっと私が税務申告ソフトを使って、自分で申告書を書いて(法人税も事業税も消費税も)税務署に自分で提出しています。

私が使用していた税務申告ソフトは、会計ソフトに弥生会計を使っていたことも有り
弥生会計と連携して法人税申告書を作成する楽々法人税
を使用していました。
初年度は無料で、翌年から10,800円かかりますが、税理士先生にお願いしたら、10倍以上かかることも有りますので、とても安い良いソフトです。

一方で、先生にお願いすると、申告の時だけで無く、税務相談や万が一の税務調査の時など、費用以上にメリットが有りますので、ご自分の事業内容と予算などと、よくご検討いただいた方が良いと思います。

さて、話はそれましたが、私が今回無料の税務申告ソフトを探したのは、会計ソフトの切り替えを検討したからです。
弥生会計にこだわる必要が無くなったので、ある程度自由に選べるかなと思いました。
そんな中見つけたのが税務申告ソフトが永久無料の「フリーウェイ税務」です。

スポンサーリンク

税務申告ソフトが永久無料「フリーウェイ税務」

フリーウェイ税務は、

無料で使える税務申告ソフト(法人用)です。クラウド型のため、インターネット環境とパソコンさえあれば、いつでもどこでも利用できます。対応しているのは、法人税、地方税、勘定科目内訳明細書、事業概況説明書、消費税、減価償却、電子申告です。

と紹介されています。

どうやら、クラウド型ですのでソフトのインストールは必要なさそうです。
実は、楽々法人税はインストール型でパソコンの入れ替えの度に結構困っていたので、これは良いかも知れません。

フリーウェイ税務のプラン

無料版 有料版
初期費用 無料 300,000円(税抜)
月額利用料 無料 1,980円(税抜)
バージョンアップ料 無料 1年ごとの更新
利用期間 無制限 無料
出力帳票数 60 98
登録できる法人数 1社 無制限
データ保存期間 5年 7年
操作サポート ありません あります(電話、メール)

有料版も有りますが、こちらはどちらかというと税理士さんがお使いになるサービスかと思います。

せっかくの機会ですので、フリーウェイ税務の無料版を試してみました。

私は電子申告はしていませんので、フリーウェイ税務申告で作成した申告書を紙で印刷して、税務署から来た申告書に転記するというアナログな作業をしますが、今までの楽々法人税でも同じ作業でしたので特に問題はありません。

「フリーウェイ税務」の導入方法

フリーウェイ税務ホームページの無料版お申込みから
freeway-zeimu
必要事項を記入して
freeway-zeimu2
返信メールを待ちます。

すると自動返信メールの中に、

※お申込み完了後、1週間以内に
ご連絡用メールアドレスにIDとパスワードをお送りします。

と書いてありますので、IDとパスワードの到着を待ちます。

申告期限ぎりぎりだと間に合わない可能性が有りますから、早めに登録をしておきましょう。私の場合は、申し込んだ翌日にIDとパスワードが発行されました。

実際に税務申告に使用した体験レポート

ログイン画面は、FreeWay給与計算のような画面です。
freeway-zeimu3

FreeWay給与計算はとても使い勝手がよく、従業員5人までは無料で使える給与計算ソフトです。社会保険などの仕組みや給与計算の仕組みにそれ程詳しくなくても、簡単に年末調整までできてしまう素晴らしいソフトです。ログイン画面を見ただけで、今回のフリーウェイ税務に期待が高まります。

発行されたIDとパスワードでログインすると、Freeway給与計算と同じ感じじゃないですか。
freeway-zeimu4

今回は財務データの取り込みができないので、
①で会社情報を登録して
②の部分を順番に作成していくイメージです。

財務データの取り込みができない分、一つ一つの数字を、元の会計データから拾って、入力していく訳ですが、正直しんどかったです。昨期の決算申告書のコピーを出してきて、同じ別表を作る作業を行うのですが、入力する順番など結構複雑でした。

無料版なので当たり前ですが、マニュアルは操作説明ですから結局頼るのはインターネットと経験です。税理士先生や会計士の先生がいかに偉大かを改めて認識しました。

私は、決算書の作成から申告まで10回程度行ったことが有るので何とかできましたが、決算をやったことが無い方は何をどうしたらよいか分からないと思います。だいたい決算申告は期限ぎりぎりに作業するので、焦りますし・・

本ソフトは、財務データの取り込みができるか、決算に慣れた方が行うのに適したソフトで、営業畑を歩いてきた起業化やエンジニアさん等には難しいソフトでは無いかと思います。ちなみに財務データはフリーウェイ経理か達人シリーズのデータを取り込めるようです。

「フリーウェイ税務:無料版」で気をつけること

財務データの取り込みは限定

財務データの取り込みがフリーウェイ経理もしくは達人シリーズに限られるため、それ以外の会計ソフトを使用している方は、基本的に転記をしていかなければなりません。

出力帳票数が少し少ない

有料版が98の出力帳票数に比べて、無料版は60と少し少ないです。
フリーウェイ税務の出力帳票一覧

私がいつも提出している帳票は網羅していましたので、小規模や零細企業には問題ないレベルと思います。

データ保存期間が5年

有料版は7年間ですが、無料版は5年です。
国税庁のタックスアンサーによると、その事業年度の確定申告書の提出期限から7年間保存しなければなりませんが、欠損金額の生ずる事業年度においては、帳簿書類の保存期間が10年間に延長されているようです。

実際、確定申告書などは、税務署等に提出する前に全てコピーやPDFデータを残しておけば問題は有りませんので、フリーウェイ税務のデータの保存期間は気にしなくて良いと思います。

ブラウザの制限

原則Internet Explorer(IE)しか使えません。
Windows10の標準ブラウザ「Microsoft Edge」も未検証のため使用できないようです。

セキュリティ

クラウドのシステムですから、ID・パスワードの管理はしっかりしましょう。
まぁ小規模や零細企業にとっては、税務申告データが漏れたところで・・・という話もありますが(笑)

「フリーウェイ税務」のまとめ

決算申告を10回程度している私でも結構しんどい思いをしました。財務データを取り込める会計ソフトを使用していたり、経理・税務に精通している社長さんや経理担当者がいらっしゃる企業には向いていると思いますが、そうでない企業は、他の税務申告ソフト(お使いの会計ソフトと連動できるものが良いです)を使用するか税理士先生にお願いしたほうが、トータルで安く済むと思います。

ポイントをまとめると

・クラウドなので、どのPCでもできるがWindowsのIE限定
・財務データの連動ができなければ、決算書の作り方が分かってないと難しい
・経理・税務に精通していれば、無料なのでとても良い
・ID,パスワードの管理には注意が必要

でしょうか

ご興味を持った方は是非チャレンジしてみてください。
フリーウェイ税務ホームページ

私は当分 弥生会計+楽々法人税になりそうです。。。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?
起業・開業・創業、またスタートアップやアーリータイムの個人事業主様、SOHO・フリーランスのみなさま、小規模企業様のお役にたてば幸いです。
宜しければシェアお願いいたします。

-便利なツール

Copyright© 個人事業主SOHOがお金稼ぎに集中できるためのサイト , 2018 AllRights Reserved.