コラム

個人事業主は専用の印鑑を作った方が良いのか?

更新日:

みなさん こんにちは

個人事業主として起業した場合、これまで使用していた印鑑(はんこ)とは別に作った方が良いのか?
という相談を結構受けます。

確かに、個人事業という事業体になるからには、特別な何かが必要な気がしますよね。
私もそうでした。
私が起業するときには、ネットで調べたり、既に起業している方に聞いたり、いろいろ調べた結果、極端を言えば実は作らなくても良い事が分かったのですが、信用やその後を考えて必要なものだけを作りました。
(すぐに起業するときに作成したい印鑑へ飛ぶ)

まず、起業する前に個人が一般生活で普通に持っている印鑑の整理からしましょう。

スポンサーリンク

個人が一般生活で使う印鑑

一般生活で個人(サラリーマン等)は、通常どのような印鑑(はんこ)を持っているのでしょうか?

認印

まず一番使うのが、認印(みとめいん)と呼ばれる印です。三文判とかと呼ぶこともあります。
宅急便の受け取りや、何かの契約(携帯とか賃貸不動産など)に使う印鑑です。
これは100円ショップの印鑑という方が結構多いのでは無いでしょうか?

実印

実印はかなり大事なもので、役所で印鑑登録に使う印です。
認印と兼用にする方もいるかもしれませんが、本来は複製や偽造のしにくい、専用の印鑑を作って登録するものです。
自動車売買や不動産取引、公正証書など、重要な場面で必要となります。

銀行印

その名の通り、銀行に届け出る印です。
認印や実印と兼用にする方もいるかもしれませんが、こちらも可能であれば専用の印鑑を作りたいところです。
こちらも唯一無二で偽造が困難なものが良いでしょう。

概ねこの3種類を持っている方が多いのではないでしょうか?(兼用で1つ、2つという方もいらっしゃると思います)

では、個人事業主になったら何が必要でしょうか?

個人事業主に必要な印鑑

個人事業主といっても登記される法人では有りませんので、最初に書いた通り、会社の実印(代表取締役印)や角印(社印)などが必ず必要になるわけでは有りません。

極端言えば、仕事の内容によっては、個人の認印・三文判でも十分仕事はできてしまいます。
私のところにも、個人の認印を押しただけの請求書や領収書が来ることもしばしばありますので。

ですが、企業と取引する場合や、一般消費者にものを販売する場合、事務所を借りる場合などは信用力の面からも専用の印鑑を作った方が良いケースが多いです。
また、事業を開始する前から、役所への届け出や、何かの申し込み、契約をする際には屋号名や住所などを何度も記載することが多くなりますので、ゴム印などは作成したほうが業務効率は間違いなく上がります。

では、具体的に作成したほうが良い印鑑は何でしょう?

角印(社印)

一番使うのは、角印(社印)では無いでしょうか?
請求書や受領書、場合によっては領収書などに押印したりします。
請求書はできるだけたくさん発行したいですから、一番使いたいですよね?

また、個人の実印は、偽造されるなどのリスクが有りますので、可能な限り押したくないものですが、実印に代えて角印で認めてもらえる場合もあります。

信用面やリスク軽減などの意味でも、角印は作っておいて損はないでしょう。

個人事業主の角印は、法人と同じ角印を使います。

ゴム印(住所印)

次に使うのは、ゴム印です。
役所への届出や、何かの申込書、契約書、場合によっては封筒に押印したりして使用したりします。

屋号や住所、電話番号、Emailアドレスなどは、記入するのに結構時間がかかったります。
これをゴム印を作成しておくことで、記入する時間が1秒で済めば、余った時間はお金を稼ぐことに使えます。

最近はフリーメイトなど、屋号・住所・電話番号など、1行1行バラバラにできて必要な行だけを結合して使える便利なゴム印も有ります。

銀行印

銀行印は、これまで使用していた個人のものでも良いですが、事業用の口座と個人用の口座の印影が同じ場合には、万が一盗難・偽造があった場合には、個人口座と事業用口座の両方が危なくなるリスクが有ります。
ですが、スタートアップ時や開始間もないころは、可能であったら作成する程度で良いかも知れません。儲かったら、事業用の口座の印影を変えれば良いだけですから。

実印

法人などでは丸印と呼ばれるものですが、個人事業の場合は、個人の実印と同じですので個人の実印でしっかりしたものが無い場合は、これを機会に作っても良いかもしれません。

私が開業時に作った印鑑

では、私が開業時に作った印鑑は何かというと

角印ゴム印

でした。

なぜかと言うと、法人との取引を想定して角印を作成したのと、当時の住所が漢字の画数が多かったので面倒を省くために、ゴム印を作りました。
角印は見積書や請求書などに押印するだけで、先方の反応は全然違います。企業と同様に扱って頂けたというイメージを持っています。

さて実際に印鑑を作るにあたってですが、当時は近くにはんこ屋さんが無かった事もありますが、店舗に頼みに行く時間ももったいなかったので、不安がありましたがインターネットで作成しました。
どんなものができるのか分からなかったり、時間がかかるのかと思いましたが、注文してから彫って頂けて、しかも事前に印影が確認できて、さらに即日もしくは翌日には発送して頂けるので、時間が無い開業時には大変ありがたかったのを覚えています。

おすすめ作成印

印鑑の作成に、私は、
創業75年の歴史を持つ印鑑、ゴム印の製造卸工場の直販サイト 印鑑本舗
決め手は、社歴の長さと出荷スピードの速さ、印影を確認できたり印鑑の種類が多いことです。
印鑑の他にも、請求書のスタンプや、朱肉、スタンプ台など何でも揃いますので、こちらのお店で全て揃うのもありがたいです。

絶対作りたい角印

印鑑本舗で頼むと角印はケース付きでお得です。

楽をしたいならゴム印

ゴム印は、1行づつ、屋号・代表者・住所・電話番号・Email・URLなどを作成すると良いでしょう。
そうすれば、たとえば契約書には屋号+代表者+住所という組み合わせをしたり、申込書などには、1行づつばらばらにして必要情報を押印すれば、かなり楽になります。
手書きですと、書き損じなども有り得ますが、ゴム印ならまず有りません。

この2つは是非作って、お金稼ぎに役立ててください。

この記事はお役に立ちましたでしょうか?
起業・開業・創業、またスタートアップやアーリータイムの個人事業主様、SOHO・フリーランスのみなさま、小規模企業様のお役にたてば幸いです。
宜しければシェアお願いいたします。

-コラム

Copyright© 個人事業主SOHOがお金稼ぎに集中できるためのサイト , 2018 AllRights Reserved.