夜尿症

【夜尿症の治療経過① 夜尿記録を付けてみよう】 

夜尿症は治るんです!!

「なんでぼくだけオムツなの?」

小2長男 夜尿症完治までの全記録ブログ

関連記事はコチラから

【夜尿症 治療するまで】うちの子なんか違うかも!?長男に感じた違和感

【受診~完治までのながれ】やっぱり夜尿症だった!

【夜尿症 アラーム療法 実際にやってみた体験談】

 

夜尿症のアラーム療法 ピスコールの仕組み

 

そもそもアラーム療法ってどんなもの?

夜尿症の治癒率、7割というアラーム療法。

 

その仕組みは、、、

就寝中、本人の無意識下におしっこが出る。

→オムツが濡れる。

→オムツに取り付けた送信機(ポケベル大)に電流が流れる。

→無線で受信機(スマホ大)が鳴る。

→親が起きる。本人を起こす。

→本人を無理矢理トイレに連れて行き、出れば排尿させる。

 

以上を繰り返すことで膀胱が大きくなり、さらに

おしっこが出る前に、尿意を感じると脳が起き、体も起き、

結果夜尿がなくなる、という仕組みなんです。

パブロフの犬のような条件反射になるわけですね。

 

使用イメージはこんな感じです。

 

 

 

 

 

実際の送信機はこんな感じでオムツに取り付けます。

 

 

 

 

この上に、普通のパンツ(下着)を履きます。

 

上記のような条件反射が体得できるようになるまで、

アラーム療法は少なくても3ヶ月の継続が望まれます。

 

 

アラーム療法の治療記録 ~小2長男の場合~

 

アラーム療法を始めて、どのくらいで夜尿症が治ったっけ?
ぼくは2年生の夏から治療を始めて、半年後に完治したよ!

 

アラーム療法と同時に「夜尿記録」を付けると経過がよくわかります

 

夜尿記録とは、、、

「夜尿のある/なし」「夜中に起きての排尿ある/なし」「夜間尿量」「翌朝の尿量」など、

毎日記録を付けることで治療経過がわかる、表↓↓のことです。

 

 

アラーム療法中、

夜中にトイレで排尿させるときに毎回親もついて行って、

カップで尿の量を測ったり、

翌朝も尿とオムツの重さを測ったり、

逐一メモするので、正直かなり面倒くさいです。。

 

でもこの記録のおかげで治療経過がよくわかりました。

 

実際の長男のがこちら↓↓

アラーム療法を始めてすぐのころ(小2の8月。夏休み)

 

毎晩夜尿があり(=アラームが鳴り)ました。

(※「4本の尿の番号」欄には、睡眠時間を記載しました)

毎晩の夜襲警報がツラかったな~

 

 

それが、、半年後の2月には、、、

 

「夜尿なし!」「夜尿なし!」

あれほど本人も家族も苦しんでいた夜尿はなくなりました!!

 

アラーム療法のおかげで、夜中に尿意を感じると自分で起きて

トイレに行くようになりましたし、

夜尿なく、朝まで熟睡する日も多くなりました。

 

この夜尿記録、私の場合は長男の担当医

昭和大学藤が丘病院小児科 池田裕一先生からの勧めで毎日記録し、

再診の度に提出をしていました。

 

そしてこの治療記録を分かりやすく皆さまにお伝えできないかな、と思い、

色々考えたのですが、私独自の発想で

治療経過をポイント化してみることにしました。

 

続き【夜尿症の治療経過② 経過を「ポイント」化してみたよ】はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
boysmum33

boysmum33

大学卒業後、大手進学塾にて中学受験のための勉強を教えていました。 結婚、出産を経て今は主婦として、 小学生の兄弟、未就学児の三男に囲まれ、慌ただしくも元気で楽しい毎日を過ごしています。 私自身、受験の良さ、私立の楽しさも経験しています。 それでも、 偏差値教育よりも、親がいなくなっても自活できる人になれるように。 そんな「人間力」を高めるべく、遊びに学びに、子どもたちと向き合う時間を大事にしています。

-夜尿症

Copyright© 有名塾 元講師ママのお受験では教えてくれないこと , 2020 All Rights Reserved.